MENU

コドミンを試してみたい!何歳から飲めるのか

「子供の行動が落ち着いて、外出が楽になりました!」
「授業に集中できるようになりました」
「親子で笑顔になれました」

 

そんな声を多く受けるコドミンですが、何歳から飲むことができるのでしょうか。そもそもADHDの診断はどのようにつくものなのでしょうか。

 

→ADHDの親子を笑顔にするコドミンはこちら

ADHDって何?

コドミンが効果をもたらすと言われるADHDとは注意欠如多動性障害のことです。多動性、衝動性、注意力の障害が特徴的で、アメリカ精神医学会によって採用されました。

 

WHOでも多動性障害と言う名称が用いられているほど、現代に浸透している生涯です。日本でも実は大人もADHDだったと言うことが最近になって判明してきました。

 

「なぜ自分は小学校の頃ほかの子のようにできなかったのだろう」
「親にも先生にもたくさん怒られて学校が嫌いだった」

 

という経験を持つ大人の多くがADHDだと言います。もちろん現代の子供も例外ではなく、脳の障害と言うことが分かっています。

 

何歳から診断がつくと言うことははっきりしていませんが、年不相応、不適切な行動が半年以上続き、7歳までに始まることで診断されます。

 

さらに2つ以上の場面で多動性や衝動性、不注意が見られることも条件です。社会的にも学業的にも障害となること、広汎性発達障害などの精神病の経過中ではないことが診断基準となります。

 

面接や診察、観察所見などを総合して診断され、成育歴や集団行動のシーン、家庭などの情報が大切になります。

歯が生えそろってから飲ませよう

現在の治療としては親の訓練や薬物療法、生活技能訓練などが中心となりますが、どうしても薬に頼りたくないという親御さんもいるでしょう。そんな親御さんから指示されているのがコドミンです。

 

一体何歳から飲んでいいの?という疑問が生じると思いますが特に年齢にくくりはありません。一応3歳からと言われていますが、歯が生えそろったらと考えるといいでしょう。

 

子供には飲みにくいのでは?という声もありますが、ラムネ味ですから飲みやすいです。ですから何歳からでもサプリメントが飲めるのであれば、コドミンを飲んで構わないと言えるでしょう。

小さい子には親がついてあげよう

コドミンはサプリメントですが、子供のためのサプリメントです。ですから何歳から出会っても、錠剤をのむことができればOKです。

 

大体小学校入学前から飲むことができる子が多いようですが、3歳ぐらいでも錠剤をのむことができる子はいます。もし不安であれば、多めの水でそばにママが付いた状態で飲ませるといいでしょう。保管する際は子供の手が届かない場所に、冷暗所に保管するようにし、湿気は避けてください。

 

コドミンは初回980円で試すことができるホスファチジルセリンを主成分としたサプリメントです。何歳からでも問題がなければ飲むことができますので、お子さんのADHDに悩んでいるママは一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

「子供の集中力がない」
「注意力が足りずいつもイライラしている」
「ママがノイローゼになってしまった」

 

そんな悩みに応えてくれるサプリメント、試してみませんか。

 

→ADHDを救ってくれると評判のコドミンはこちら